ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > お知らせ > お知らせ > 感染拡大防止対策を講じた開館について

感染拡大防止対策を講じた開館について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月1日更新

大阪府立中央図書館は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として座席を大幅に減らしたうえで開館しています。

なお、サービスの一部は内容を変更して提供しています。詳細は、「一部変更して提供するサービス」をご参照ください。

利用者の皆様へ ご協力のお願い

感染拡大防止対策を講じたうえで開館しております。
ご来館の皆様に、次の各項目につきましてご協力をお願いいたします。

  • 大阪コロナ追跡システム」への登録
  • 体調不良時の来館自粛
  • 手洗い・咳エチケットの励行
  • マスクの着用
  • 入館時の検温
  • 入館、資料利用、OPAC操作前後の手指消毒
  • 身体的距離(周囲1~2m間隔)の確保
  • 可能な範囲での滞在時間の短縮


※いわゆる「三密」を避け、感染予防に努めるために、つぎのような対策を取っています。

  • 大幅に席数を減らしたうえでの閲覧席の提供
  • 出入口の開放と、空調による館内換気
  • 身体的距離確保のためのカウンター前等の目印設置
  • カウンター窓口へのビニールカーテン・アクリル板の設置
  • 手指消毒用の消毒液の設置、職員のマスク着用

なお、混雑時には入館を制限させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

一部変更して提供するサービス

  • 閲覧座席の提供(こども資料室を除く)
    ただし、大幅に座席数を減らしての提供のため、自習や図書館資料を使用しない座席の利用はお断りします。
  • 当日の書庫内資料の取り出し
    (待ち時間を短縮するため、できるだけ前日までに電話やインターネットでのご予約をおすすめします。)
  • 来館によるレファレンスサービス(1回あたり15分程度)
  • 新聞コーナー、学習スペース(多目的室)、リフレッシュルーム、セルフカフェ・食堂の利用(ただし大幅に座席数を減らしています)
  • オンラインデータベース端末の利用(当面の間、ご利用は1時間まで、延長はできません。)
  • オンラインでの対面朗読サービス

その他のサービスにつきましては、通常どおり提供しております。以下の利用案内をご参照ください。

臨時休館中から継続するサービス

臨時休館中に実施しておりました次のサービスは継続します。引き続きご利用ください。

  • 予約資料の着払いによる郵送貸出
  • レファレンス(調査・相談)サービス(eレファレンス、電話、文書)
  • 資料予約(WebOPAC、電話)
  • 複写(Web複写、文書)
  • 障がい者向け資料の郵送貸出
  • 貸出中資料の返却期限の延長(利用者のページ、電話)(次に予約でお待ちの方がおられず、貸出期限内であれば、1回だけ、貸出期間を申込日から3週間延長することができます。)

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。