ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 要覧 > 大阪府立中之島図書館要覧 2019 沿革 

大阪府立中之島図書館要覧 2019 沿革 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月16日更新
明治33年(1900)2月第15代住友吉左衛門氏から、大阪府に対し、図書館の建物一式並びに図書購入基金寄附の申出
37年(1904)2月建物竣工、開館式典挙行
3月「大阪図書館」開館
39年(1906)12月「大阪府立図書館」と改称
大正5年(1916)3月第2号書庫を増築
11年(1922)10月住友家の寄附により、左右両翼の建物を増築
昭和2年(1927)10月第3号書庫を増築
25年(1950)8月天王寺分館開館
26年(1951)10月自動車文庫を開設、府内市町村を巡回
31年(1956)6月商工資料館を増築、講堂と商工資料室を開設
35年(1960)12月本館事務棟を増築
37年(1962)2月本館、主題別開架閲覧制度を実施
49年(1974)4月「大阪府立中之島図書館」と改称(新館は「夕陽丘図書館」として独立開館)
5月本館、左右両翼の3棟が国の重要文化財に指定
平成2年(1990)4月図書の分類にNDC(日本十進分類法)を導入
8年(19965月東大阪市に「大阪府立中央図書館」開館
中之島図書館は、大阪資料・近世和漢書資料を中心にリニューアルオープン
11年(1999)4月中之島図書館ホームページ開設
5月棟札(明治36年8月挙行の上棟式に使われた)が国の重要文化財に指定
13年(2001)7月大阪府立図書館ホームページ開設(インターネット検索の開始)
16年(2004)2月百周年記念式典
4月ビジネス支援サービス開始
26年(2014) 12月本館、左右両翼(重要文化財部分)耐震補強工事竣工
27年(2015)4月2階正面玄関開扉、外壁洗浄等(環境改善化工事は3月末完了)
28年(2016)3月外観美装 完了(軒・樋補修等)