ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > おおさかページ > 令和元年度大阪府立中之島図書館特別展「二世没後80年 大阪の浮世絵師 長谷川貞信展」

令和元年度大阪府立中之島図書館特別展「二世没後80年 大阪の浮世絵師 長谷川貞信展」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月21日更新

2020年は、二世長谷川貞信の没後80年にあたります。
長谷川貞信は、幕末から明治の初めにかけて活躍した初代から、上方絵の伝統を受け継ぎ、現在までその名が続く貴重な画系です。
今回の特別展では、当館が所蔵する初代(1809-1879)、二世(1848-1940)、三世(1881-1963)の作品を中心に代々に関する資料をご紹介いたします。

 

浪花風俗浮連歌美人合             浪花百景 

「東御堂の暁雪」『浪花風俗浮連歌美人合』(初代)【大和銀122】         「桜乃宮春景」『浪花百景』(初代)【378-1134】               

 

      世界第一チャリ子大曲馬并ニ大獣苑 『世界第一チャリ子大曲馬并ニ大獣苑』(二世)【枚397】     

 

関連講演会「二代長谷川貞信が描く上方絵―錦絵新聞を中心に―」 を2月20日(木曜日)に開催します。

 

展示概要

開催期間

令和2年1月14日(火曜日)から2月29日(土曜日)まで

10時から17時まで 入場無料
※期間中の休館日は、毎週日曜日と祝日です。

場所

大阪府立中之島図書館 3階 展示室

おもな展示資料

各資料の記載は、書誌事項(書名・著者・出版年等)、当館請求記号です。

初代貞信

・『浪花風俗浮連歌美人合』貞信画 春日堂 大和銀122
・『浪華自慢名物尽』貞信画 綿屋喜兵衛 大和銀123
・『浪花百景』貞信画 刊 378-1134
・『夏祭浪花鏡』貞信画 刊 朝日252-7
・『吾嬬下五十三駅』玉塵園雪住著 貞信画 刊 朝日255.6-5
・『粋の懐』一荷堂半水著 貞信画 河内屋輔七 文久2序(1862) 大和銀197
・『浮連唱歌袖之詠』一荷堂半水著 貞信画 冨士屋政七 慶応2序(1866) 大和銀194
・『西洋画引節用集』井上廉平編 貞信画 大野木市兵衛 明治5序(1872) 292.8-2

二世貞信

・『浪華の魁 四季模様』貞信画 小信(二世)補筆 冨士政七 明治17(1884) 枚522
・『心斎橋真写之図:大阪府新築造西洋製鉤橋』小信画 冨士政七 枚402
・『坂府鉄道局開業式之図』貞信画 本屋安兵衛 〔明治10(1877)〕 甲雑93
・『〔大阪役者ノ追福面影〕』 刊 971-78
・『諸新聞画帖』 刊 070-4
・『〔錦絵新聞〕』 刊 071-28
・『大阪浪花中の嶋大からくりの図』小信画 いし川和助 枚116
・『新板切組とうろう太功記大徳寺』加藤富三郎編 貞信画 明治13(1880) 枚22
・『世界第一チャリ子大曲馬并ニ大獣苑』貞信画 玉置清七 明治20(1887) 枚397
・『天日坊吾妻下五拾三駅』小信画 冨士屋政七 明治7序(1874) 919-64
・『桂哥計』小信画 明治5序(1872) 911-32

三世貞信

・『京の大原女 五題』貞信画 内田美術書肆 枚376
・『日本名物大阪文楽座人形画集』小信画 板画会版元 大正15(1926) 朝日976-1
・『忠孝歌舞伎十八番』貞信画 内田美術書肆 昭和16(1941) 32-89
・『浪花風俗図絵』貞信図絵 杉本宇造解説編集 杉本書店 昭和43(1968) 571-90

四世・五世貞信

・『花と天 天鷲寺天井絵』貞信・社中 笑子〔小信〕・社中制作 〔199-〕 721.9-358N

 

      京都大原女  『京の大原女 五題』(三世)【枚376】

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)