ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 規則・条例 > 「大阪府立図書館における個人情報の取扱い」について

「大阪府立図書館における個人情報の取扱い」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月1日更新

大阪府立図書館(中之島及び中央)は、「大阪府個人情報保護条例」(平成8年3月29日公布 大阪府条例第2号)に基づき、以下のとおり個人情報を取扱います。

1 個人情報とは

個人情報とは、名前、住所、生年月日、電話番号、E-mailアドレスなどの個人に関する情報で、特定の個人が識別され、又は識別され得るものをいいます。 (単独では個人を識別できなくても、他の情報との照合で個人を識別できるものも含む)

2 個人情報の取得

(1)個人情報の取得にあたっては、利用者本人からの直接取得を原則とします。
(2)図書館は取得した個人情報の利用目的を具体的に明らかにし、利用目的達成のために必要な範囲内で個人情報を取得します。

3 個人情報の利用目的

図書館は、下記に掲げる業務運営のため、それぞれの業務の範囲内で個人情報を利用します。また、それぞれの業務の目的以外に個人情報を利用することはありません。
(1)利用者登録・更新、図書の貸出、予約、催告など、資料利用ならびに利用者への連絡等にかかる業務
(2)レファレンス、資料の複写など、各種サービス提供にかかる業務
(3)各種研修会、講座、セミナーなどの参加者への連絡等にかかる業務
(4)会議室などの各種施設・設備の利用者への連絡等にかかる業務
(5)個人を識別あるいは特定できない形に加工した統計情報の作成業務
(6)その他、上記に類する図書館業務

4 個人情報の管理

(1)図書館は、他のいかなる者、機関(第三者)に対して、下記5に示す場合を除き、個人情報を提供することはありません。
(2)個人情報を正確かつ最新の状態に保つよう努めます。
(3)個人情報の漏洩、滅失、損傷の防止その他個人情報の適切な管理措置を講じます。
(4)保有する必要のなくなった個人情報は、確実に、かつ速やかに廃棄又は消去します。

5 個人情報の第三者への提供

次に掲げる場合には、図書館が取得した個人情報を第三者に提供することがあります。
(1)本人の同意があるとき
(2)法令又は条例の規定に基づくとき
(3)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)その他、大阪府個人情報保護条例第8条に定める場合

  大阪府立図書館トップページへ

  統計・規則・予算のページへ