ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > SSL3.0の脆弱性対応について

SSL3.0の脆弱性対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月13日更新

インターネット通信の暗号化方式であるSSL3.0の脆弱性について、独立行政法人情報処理推進機構から注意喚起がなされています。

これを受け、大阪府立図書館では、個人情報保護および閲覧環境の安全性確保等のため、8月20日(木曜日)20時00分よりSSL3.0による通信のサポートを終了いたします。
これにより、一部の携帯電話やパソコンなどから、図書館ホームページのご利用ができなくなる場合がありますので、ご了承ください。

後継の暗号化方式であるTLSによる通信は引き続き可能です。
SSL3.0を使用している場合、ご利用のブラウザにてTLSの使用を設定することで、図書館ホームページの閲覧が可能となります。

  • パソコンや携帯電話の設定や詳細につきましては、各社サポート窓口などへお問合せください。
  • 独立行政法人情報処理推進機構「SSL 3.0 の脆弱性対策について