ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 生涯学習 > 展示 > 展示「大阪をめぐる鉄道車両の魅力-大阪周辺のJR・私鉄車両 過去から現在まで-」

展示「大阪をめぐる鉄道車両の魅力-大阪周辺のJR・私鉄車両 過去から現在まで-」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月20日更新

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、令和2年2月21日(金曜)に開催を予定しておりました、講演会「鉄道車両の一生」と2月29日(土曜)に開催を予定しておりました展示関連イベント「鉄道模型が走る!」は、中止とさせていただきます。何卒ご了承ください。(令和2年2月20日)

鉄道展示

展示「大阪をめぐる鉄道車両の魅力-大阪周辺のJR・私鉄車両 過去から現在まで-」

 大阪を中心とした関西エリアは、JR西日本、阪急、南海、阪神、近鉄、京阪の6社に代表されるように各社が競合し、それぞれが列車デザインや沿線文化を発展させるなど極めて強い個性を有しています。今回の展示では、その中でも、大阪府立中央図書館近郊を走る、JRおおさか東線と近鉄、阪急について、大阪をめぐる鉄道車両の魅力とその変遷を模型や鉄道部品を展示し紹介いたします。
 
  展示期間:2020年2月20日(木曜日)から3月8日(日曜日)
  展示場所:1階展示コーナーA (入場無料)
    ※休館日(2月25日と3月2日)を除く
       火曜日から金曜日は9時から19時まで(土曜日、日曜日と休日は9時から17時まで)

大阪をめぐる鉄道車両の魅力 [PDFファイル/849KB]

関連イベント講演会「鉄道車両の一生」~鉄道車両の誕生から終焉まで →中止いたしました

  日時:2020年2月21日(金曜日) 14時から15時30分まで    

  会場:大阪府立中央図書館2階多目的室

  講演:「鉄道車両の一生」~鉄道車両の誕生から終焉まで

  講師:林 基一さん (鉄道車両研究家、鉄道写真家)

  定員:80名(先着順、申込不要、受講無料)

関連イベント「鉄道模型が走る!」 →中止いたしました

 関連イベントとして、JR、近鉄とOsaka Metroの鉄道模型を中心にした走行会を実施します。年代ごとにその塗色の魅力と変遷がわかり、模型をとおして往時の姿を感じることができます。どなたでも見学いただけます(見学無料)。

  日時 :2020年2月29日(土曜日) 13時から15時まで  
  会場 :1階展示コーナーA関連イベント「鉄道模型が走る!」

申込・問合せ先

 大阪府立中央図書館 生涯学習事業 担当 
 〒577-0011 東大阪市荒本北1-2-1
 
 電話 06-6745-0170 FAX 06-6745-0262

 ※イベントのご参加に際し、障がいなどの事情により配慮が必要な方は事前にお申し出ください。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)