ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 生涯学習 > 主催講座 > 【連続3回講演会】「『源氏物語』の恋と和歌」

【連続3回講演会】「『源氏物語』の恋と和歌」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月13日更新

源氏物語
                                             (提供:Pixta)                             

源氏物語の恋をテーマにした連続3回講演会

  我が国古典文学の最高傑作『源氏物語』は、紫式部によって平安時代に成立した長編物語です。桐壺から夢浮橋までの全54帖で構成されています。物語の内容は、光源氏を中心とした平安貴族の恋愛をはじめ、栄光と没落、政治的欲望と権力闘争という王朝の人間模様を描いています。
   このたび、『「源氏物語」引歌の生成-「古今和歌六帖」との関わりを中心に』(笠間書院)を刊行し、『源氏物語』研究の成果を発表している藪葉子さん(武庫川女子大学非常勤講師・NHK文化センター梅田教室講師)を講師にお迎えし、連続3回講演会を実施します。講演を通して、千年の時空を超えて、王朝貴族社会のみやびや、紫式部が伝える「もののあはれ」について学習します。

講演日・タイトル

  • 第1部 平成30年10月21日(日曜日) 「若き日の恋のはじまり」
  • 第2部 平成30年11月18日(日曜日) 「つらい恋の終わり方」
  • 第3部 平成30年12月16日(日曜日) 「夢の浮橋へ」

講師・会場・定員など

  • 講師 : 藪 陽子さん(武庫川女子大学非常勤講師・NHK文化センター梅田教室講師) 藪葉子さん
  • 会場 : 大阪府立中央図書館2階多目的室
  • 定員 : 80名(先着順、申込み不要、受講無料)
  • 時間 : 各回14時から15時30分(開場13時30分)

広報用チラシ:平成30年度連続講演会「『源氏物語』の恋と和歌」広報チラシ [PDFファイル/502KB]

※講演会の参加に際して、障がい等の状況により、配慮が必要な方は事前にお知らせください。

アクセス

近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)荒本駅下車 1番出口より北西に約400m
バスでお越しの場合は近鉄バス「東大阪市役所前(中央図書館前)」で下車すぐ
(中央図書館へのアクセス地図はこちらをクリック)

お問合せ

大阪府立中央図書館 「生涯学習事業」担当
〒577-0011 東大阪市荒本北1-2-1
Tel 06-6745-0170  FAX 06-6745-0262

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)