ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 大阪府立上方演芸資料館出張展示と関連講演会

大阪府立上方演芸資料館出張展示と関連講演会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月25日更新

展示「『わろてんか』の時代の上方演芸~萬歳から漫才へ~」

 上方演芸資料館

テレビ番組「わろてんか」で取り上げられている上方演芸の世界について、大阪府立上方演芸資料館の所蔵品と関連図書を中心に紹介します。今なお愛され続ける庶民の娯楽はどのように発展してきたのでしょうか。大阪が育んだ笑いの文化を振り返りたいと思います。また、関連講演会として、同番組で上方演芸考証を担当している荻田清さん(梅花女子大学名誉教授)に上方演芸の歴史とその特徴をお話ししていただきます。


展示期間・場所

   展示期間    平成30年1月30日(火曜日)から2月25日(日曜日)まで
                      
                         火曜日から金曜日は9時から19時、土曜日と日曜日、祝日は9時から17時

      展示会場   大阪府立中央図書館1階展示コーナーA・B

           ※2月5日(月曜日)、8日(木曜日)、13日(火曜日)、19日(月曜日)は休館日

   共催     大阪府立上方演芸資料館

    協力          吉本興業株式会社 

関連講演会「『わろてんか』に出てきた芸能 - 二〇加、まんざい、あほだら経など-」      

日時・会場など

    日時 : 2018年2月18日(日曜日)14時から15時30分 (開場は13時30分より)

   会場 : 大阪府立中央図書館 2階多目的室

   講師 荻田 清さん 梅花女子大学名誉教授・大阪府市文化振興会議委員
   
                    大阪府立上方演芸資料館資料活用検討委員会会長職務代理兼資料整理部会長
                  
文化庁文化審議会専門員・阪急文化財団理事・日本芸術文化振興 会文楽研究講師
                   専門分野は近世上方芸能史、上方文化史、編著書に、『上方板歌舞伎関係一枚摺考』(清文堂出版)
                   『笑いの歌舞伎史』(朝日新聞社)、『上方落語 流行唄の時代』(和泉書院)など多数

      定員 : 80名(先着順、申込み不要、受講無料、開場は13時30分より) 

   ※講演会の参加に際して、障がい等の状況により、配慮が必要な方は事前にお知らせください。

   「『わろてんか』の時代の上方演芸~萬歳から漫才へ~」広報チラシ [PDFファイル/986KB] 

アクセス

(中央図書館へのアクセス地図はこちらをクリック)                                                                       近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)荒本駅下車 1番出口より北西に約400m
 バスでお越しの場合は近鉄バス「東大阪市役所前(中央図書館前)」で下車すぐ


 【問合わせ先】

  大阪府立中央図書館 「生涯学習事業」 担当
  〒577-0011 東大阪市荒本北1-2-1
  Tel 06-6745-0170  FAX 06-6745-0262  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)