ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > ビジネス支援サービス > セミナー・講座・展示 > セミナー・講座 > 堂島米市場跡新モニュメント「一粒の光」完成記念講演会「堂島米市場とはなにか‐江戸時代経済における大坂の位置づけ」

堂島米市場跡新モニュメント「一粒の光」完成記念講演会「堂島米市場とはなにか‐江戸時代経済における大坂の位置づけ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月26日更新

「堂島米市場とはなにか‐江戸時代経済における大坂の位置づけ」享保一五年(一七三〇)、江戸幕府がその存在を認可した堂島米市場は、世界に先駆けて組織的な先物取引を行った市場として広く知られている。しかし、その実態について正確に理解されているとはいえない。本講演では二〇一八年に上梓した拙著(『大坂堂島米市場』講談社)を元に、堂島米市場の成立過程、取引内容について概説する。また、拙著では十分に描ききれなかった部分、すなわち堂島米市場の成立が近世社会にもたらしたインパクトについても論及したいと考えている。

大阪取引所が株価指数先物取引開始30周年を記念し、平成30年10月24日に堂島米市場跡地へ設置された新モニュメント“一粒の光”の完成記念講演会として、神戸大学経済経営研究所から講師をお招きして、堂島米市場についてのお話をしていただきます。

内容

「堂島米市場とはなにか‐江戸時代経済における大坂の位置づけ」

講師: 神戸大学経済経営研究所 高槻泰郎 准教授

日時: 平成 31年 2月9日(土曜日) 13時30分から15時00分まで (13時00分より受付開始)

受講料: 500円

定員: 90名(要事前申込・先着順)

主催: 大阪府立中之島図書館・大阪府立中之島図書館指定管理者(株)アスウェル

共催: (株)大阪取引所・大阪商工会議所

※ この講座は指定管理者(株)アスウェルと大阪府立中之島図書館との共同企画によるものです

申込方法

(1)メールでお申し込み

氏名、連絡先(電話番号・E メール)をご記入の上、下記お申し込み先までお申し込みください。

(2)申し込み用紙でお申し込み

案内ちらし裏面の講座申込書にご記入のうえ、中之島図書館 2 階ライブラリーショップにお持ちいただくか、下記お申し込み先までファックス でお送りください。

案内ちらし表面 [PDFファイル/4.24MB]

案内ちらし裏面 [PDFファイル/253KB]

お申し込み・お問い合わせ

大阪府立中之島図書館指定管理者 株式会社アスウェル 1階管理事務所

電話:06-6203-0474(代表) ファックス:06-7222-3894

E-Mail:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp

会場: 大阪府立中之島図書館 別館2階

会場地図※ご注意:会場の「別館」入口は図書館の入口とは別の入口です。ご注意ください。

最寄駅

Osaka Metro(地下鉄)御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪本線「淀屋橋」駅 (1号出口)北東へ約300メートル

京阪中之島線「大江橋」駅 (6番出口) 東へ約300メートル

京阪中之島線「なにわ橋」駅 (1番出口) 西へ約300メートル

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)