トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
「半沢直樹」
 今となっては旧聞ですが、TVドラマ「半沢直樹」面白かったですね。
 「倍返し、いや、10倍返しだ!」なんてセリフが流行りましたが、バレンタインデーに「10倍返しで、いや100倍返しでお願いね(ハート)」なんてことを言い出す女子がいるのではないかと、恐れおののいております(まあ、「0を倍にしても、100倍にしても答えは0です」けど…)。
で「半沢直樹」ですが、最終回のラスト数分、原作を読んでいなかったすべての視聴者が、テレビの前で叫んだでしょう。「なんじゃこりゃあ」って。時代劇的な勧善懲悪の「物語」を期待していた向きには、現実的すぎる結末には納得いかなかったようです。ネットでも賛否の否のほうが多かったようです。でもこれ、半沢直樹世代にとっては初めてじゃないんですよね。
 半沢直樹はバブル期ラストの採用ということになっていますが、バブル末期に多くのヲタク(現役、退役をふくめ)たちをさせ熱狂させたのが「新世紀エヴァンゲリオン」でした。これもまた、視聴者の多くが最終回で「なんじゃこりゃあ」大声を上げ、完結編と銘打った映画版でまた「なんじゃこりゃあ(かんべんして)」と叫ぶことになったものでした。
 両者に共通するのは、メガバンクのサラリーマン社会であれ、セカンドインパクト後の荒廃した世界であれ、「物語(ファンタジー)」の中にいたはずの主人公が、最後の最後に、冷徹な現実を突きつけられてしまうことです。それは、「嫌な上司に倍返しだ」とか「きれいなお姉さんや生意気な同級生や若くなったお母さんに囲まれ、自分にしかできないことをやって認められるんだ」などと主人公に感情移入していた視聴者に思いっきり「そんな夢みたいなことありえないもんね」と冷や水を浴びせたわけです。
半沢直樹の世代にとっては、エヴァンゲリオンのトラウマ(ファーストインパクト)が癒えたころ、中年になって半沢直樹でセカンドインパクトが来たわけですが、そのことはまた両作品が、トラウマになるほど入り込めるだけの素晴らしい作品であることの証左であったといえるでしょう。
「新世紀エヴァンゲリオン」はその後、「ヱヴァンゲリオン新劇場版」として再物語化されていますが、「半沢直樹」の続編は未定だそうです。続きを知りたい人は当館をご利用ください
「ロスジェネの逆襲」

2013年9月27日  楮