トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
教えていただいた「おすすめ本」
ya!ya!ya!べんりやん図書館「書き込み板」で川原泉さんが面白いと教えていただいたので、読んでみました。
『解放』(川原泉/ほか著 ポプラ社 2001.4)に
川原泉作のマンガ「森には真理が落ちている」が入っています。
女子高生が森の主(カメ)にけつまずいてカメになるお話です。
主人公の女の子が小春日和のように朗らかで、とても素敵なお話でした。
ご紹介いただき、ありがとうございます!
2012年3月14日  チームYA
大阪城を楽しむ 2 〜 難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花 〜
 雨の中、梅園に出かけました。今週末辺りから見ごろです。あたり一面、白・ピンク・紅が広がり、梅の花に対する印象が変わります。大阪(なにわ)には梅がよくにあう!
 木瓜(ぼけ)の花はちらほら咲き、桜と桃は蕾硬し。
 幕末の大坂には「梅屋敷」(近鉄上本町辺)があり、花見で賑わいました。明治期にはもう1軒増えて新旧2軒の梅屋敷があった様です。亀戸の梅屋敷の影響とか・・・。
 興味があれば、図書館のHPの「錦絵にみる大阪の風景」に、初代長谷川貞信、中井芳瀧の梅屋敷の図が、また、紀要37号に梅屋敷の訪問記が載っています。今年も図書館の資料を紹介しようと思い、以前購入した最後の大坂城代の家臣(先遣隊)の紀行文、一覧表を作成した「大坂城番文書」から大坂城での仕事に関する文書2〜3点と、大田南畝(蜀山人・四方赤良)に関する文書の3種類を翻刻しました。そんな事もあり、足しげく大阪城に通っています。(文書って? 翻刻って?江戸時代の大坂城での仕事って?等々、興味のある方、4月頃に図書館のホームページの紀要41号をご覧ください。)
 そういえば、昨年は「大阪検定」のテーマも大坂城でしたね。仕事柄、3年前の開始時から受験していますが、昨年は仕事でチャレンジはなりませんでした。
2012年3月14日  テレビっ子
図書館にあるのは文学だけ?
 図書館というと、文学や小説の本が並んでいるところ、というイメージのある人もまだまだ多いかもしれませんが、文学や小説の本は、意外に少ないのはご存知でしたか?
実際に大阪府立中央図書館で持っている本で、一番数が多いのは、社会科学分野で、全体の30.8%。二番目が文学で、全体の17.0%、なんと社会科学のほうが倍近く多いのですね。じゃあ、3位は?
答えは、要覧の統計でどうぞ。
2012年3月1日  笑門来福
流行りの本は?パート2
 本屋さんで売れている本、図書館で予約が多い本、読者は多くないけれど話題の本など、TPOによって、「流行りの本」といってもさまざま。大阪府立図書館での人気図書を知るには、「予約ランキング目次」というサイトがあります。
図書館と聞くと誰もが連想しがちな文学・小説だけでなく、家政学や政治哲学など、その時話題の本が上位20位までに入ることもしばしば。本は、全分野、児童、各分野ごとのランキング、CDやDVDなど本以外の資料は、音響と映像の別で、予約の多いタイトルを掲載しています。
このページ、実はいまのところ、トップページにバナーがありません。
中学生以上の人は、利用者カードのほかにパスワードの発行手続きをとっていただけば、ご自身の「利用者のページ」からバナーをクリック! でアクセスしていただけます。
まだ登録をしていないけれど、この「職員の日記帳」を読んでくださっている方は、ぜひ、今日の日記帳の「予約ランキング目次」からアクセスしてみてください。
2012年3月1日  笑門来福
出前おはなし会
 先日、支援学校に出前おはなし会へ行ってきました。
 大型絵本やパネルシアター、ボールジャグリング、手話ソングなど、盛りだくさんのプログラムを楽しんでくれました。
当館職員もパンダに変装してハッスルしました!
パンダ
2012年3月1日  BM
流行りの本は?
最近流行りの本やおもしろい本についてお問い合わせいただきました。

やはりドラマ化、映画化された原作本はとても人気があります。
ドラマでは、少し前になりますが嵐の桜井翔さん・北川景子さんが出演した『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉/著)、映画では阿部寛さん・新垣結衣さんの『麒麟の翼』(東野圭吾/著)、2004年に急死したスウェーデンの作家が書いた本を原作として映画化された『ミレニアム』(スティーグ・ラーソン/著)などです。

また『1Q84』(村上春樹/著)は、book1が2009年に出版されたのですが、book3が出た今もずっと予約の上位ランキングに入り続けていて、根強い人気です。

これらは予約がたくさんついていてなかなか本棚に並んでいないので、すぐに図書館で借りてもらうというわけにはいかなくて残念です。

他には有川浩さん、伊坂幸太郎さん、恩田陸さん、西尾維新さんなどが、YA世代に人気のある作家でおすすめです!
それから私が最近読んだ本でおもしろかったのは『放課後探偵団』(東京創元社 2010.11)です。5人の若手作家が短編ミステリーを書いていて、いろんな話が楽しめます。

他にも図書館にはおすすめ本を紹介する本や雑誌もありますので、よかったらみて下さい。


『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)場所:4階新着雑誌 請求記号:P02/33N

『活字倶楽部』(雑草社)場所:こども31Y 請求記号:905/10N

大阪府立中央図書館が発行している本の紹介冊子
「ヤングアダルトYA!YA!YA!」もどうぞ!
2012年3月1日  チームYA
大阪城を楽しむ 〜 梅は咲いたか桜はまだかいな 〜
 塒出(とやで)の鷹(たか)・鶯宿(おうしゅく)・朱鷺(とき)の舞(まい)・思いのまま・鈴鹿(すずか)の関(せき)・八重海棠(やえかいどう)・冬至(とうじ)・紅冬至(こうとうじ)・道知辺(みちしるべ)・緑咢(りょくがく)・米良(めら)・東錦(あずまにしき)・旭鶴(あさひつる)・江南所無(こうなんしょむ)・長束(なつか)・豊後(ぶんご)・八重祭笠枝垂(やえまつりかさしだ)れ・紅山枝垂(こうぎょくしだ)れ・司枝垂(つかさしだ)れ・青龍枝垂(せいりゅうしだ)れ・呉服枝垂(ごふくしだ)れ・・・、何の名前かわかりますか?ヒント、林子梅(りんしばい)・小梅、そう、梅の名前です。(呉服は、ご存じ呉服座・呉服神社(池田市)同様「くれは」と読みます)
 大阪城の梅園(旧雁木坂(がんぎざか)沿い)覘いてきました。蝋梅(ろうばい)(黄色)は枯れかけ、気の早い梅は満開、でもほとんどは蕾硬しかほころびかけ。人出は三三五五で、携帯片手、或いは大きなカメラで撮影する人も見かけました。この梅園の中の一本の白加賀の木が、大阪管区気象台指定の「準生物季節観測用標本」になっているのですが、まだ蕾、開花宣言は例年より遅くなります。満開時は一見の価値あり!です。
 大阪城は空き缶拾いがてらの私の散歩コースなのですが、今日は珍しいものを見かけました。ナント、青屋門手前のお濠で、ヌートリア?(巨大なねずみとしか見えないのですが)です。餌づけされているのでしょうか!?人間の手から食物を食べていました。餌といえば、飢えてないかと心配してしまう程鴨が増えていました。
 現在の大阪城は、豊臣、徳川、に次ぐ三代目、昭和6年に、当時の大阪市長関一の呼びかけに、市民が応じるかたち(寄付)で再建されました。、昭和以降各地で建てられた復興天守閣の第一号とか、以来80年、当時の事を覚えておられる方もまだご健在と思います。これから梅に続き、桜・桃が見ごろを迎えます。足を延ばしてみてはいかがでしょう。
2012年3月1日  テレビっ子