トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
図書館実習生の活躍
大阪府立中央図書館では、毎年夏に司書の資格を取るための実習生を受け入れています。8/17-8/24の実習生にブログに参加してもらいました。            

4F人文系資料室に配属されたまっきーです。
普段、利用している「図書館」で働くことができて、とても楽しい実習でした。
実際にカウンターに座って各種申込を受け付けたり、レファレンスを見学したり、他の図書館へ配送する本を配送仕分室というところに持っていってかごに収めたりするなど、普段は見られない作業現場におじゃましてみて「図書館の仕事は多岐に渡る」という言葉の意味を実感しました。
地下書庫で、本を探して自転車をのりまわすという、貴重な体験もできました。(まっきー)

大阪府立中央図書館には古いものから新しいものまで、たくさんの資料が所蔵されています。その中でも特に地下書庫はそうした本の歴史を感じられる場所であると思います。実習の中で、本に囲まれる楽しさを今までとは異なる視点から実感することができました。中央図書館では地下書庫見学ツアーも催されているので、ぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか。(もなか)

図書館の仕事は多くの人々によって行われていることが分かりました。利用者にとって身近な貸出・返却の手続きはもちろん、地下書庫から本を出したり、図書館に入れる新しい本を選んだり、利用者からは見えない仕事も沢山あります。
また本についての相談や質問に答えるレファレンスは、幅広い知識が必要な、専門的な仕事です。
今回の実習を通じて、図書館が地域にとって欠かせない存在であると、改めて感じました。多くの人の役に立てる、やりがいのある仕事だと思います。
何か調べたい時、面白い本を探したい時など、色々な場面で図書館を活用してください。(K)

本と人とを結びつける仕事です。と言っても色々あって、手足と脳みそ両方を使ってます。なので毎日、熱が出そうになる程めまぐるしい。こども資料室で実習しました。(ライカ犬)

図書館実習では、地下書庫から本を出したり、調べもののお手伝いをするなど、とても貴重な経験をさせていただくことができました。実習中、さまざまな方と関わることで「図書館とは、たくさんの人によって支えられている存在なのだな」と感じました。この6日間、私たち実習生は、1Fの貸出カウンター、子ども資料室、3・4Fの資料室にいました。この実習で、「図書館に関わるようなお仕事に就きたい」という気持ちが、以前より強くなりました。いつか、この夢を実現させていきたいです。
府立中央図書館の方々には、大変お世話になりました。どうもありがとうございました。(リズム隊長)

カウンターでする業務を主にやらせてもらって凄く緊張しました。そして、こども資料室では、おはなし会もやらせてもらいました。初めてのことばかりで凄く緊張しましたが、本番になってやってみると、楽しくおはなし会をすることが出来てよかったです。(yuki)
2010年8月24日  kakiku
8月後半の展示は高校生のみなさんが主役です
 高校生のみなさん、夏休みを楽しく過ごしておられますか。
 さて、8月17日(火)〜8月29日(日)まで当館1階の展示コーナーで未来展を、同じく1階のエントランスギャラリーでは今年2月に行った若者ダンスカーニバルの写真展を実施します。
 未来展というのは、大阪府立の工科高校や一部のクリエイティブスクールまた府立工業高等専門学校の生徒、学生のみなさんが製作された作品や工科高校や府立高専の紹介等をおこなっている展示です。普通科や総合学科の生徒のみなさんは工科高校がどのような学校かよく知らない人もいるのではないかと思います。この機会にぜひ一度見ていただければと思います。
 また、若者ダンスカーニバルの写真展は、今年2月に実施した若者ダンスカーニバルに出場した全チームの写真を展示しています。この写真展はダンスカーニバル当日、ボランティアで写真撮影をしてくださった河合様にお願いして展示していただきました。今年ダンスカーニバルに出場したみなさん、ぜひ見に来てください。
 夏休みも後半に入り、一部の高校ではすでに授業が始まっているところもあると思いますが、図書館に来ませんか。エアコンもきいていて快適ですよ。多くの高校生のみなさんの来館をお待ちしています。
生徒作品 日光東照宮陽明門
2010年8月16日  浦島太郎
打ち水大作戦
毎日、暑い日がつづいてますが、みなさん夏バテなどされてませんでしょうか。
さて、今年も7月31日(土)に恒例の「打ち水大作戦」を府立中央図書館前広場と東大阪市役所前で実施しました(ちなみに昨年は突然の夕立で中止になりました)。今年は奈良県から「せんとくん」や、地元東大阪市の「トライくん」、「いしきりん」、枚方市から「エコレンジャー」などなど、たくさんのゆるキャラさんが当日打ち水に集まってくれて大いににぎわい、盛り上がりました。おかげさまで多くの人に参加していただくことができました。また関西大学でヒートアイランドを研究されている先生や学生さんも参加してくださり、打ち水をする前と後で温度がどう変わるか測定されていました。その結果、地表面の温度が打ち水をすることで9℃も下がったことがわかりました。
打ち水はおおぜいでいっせいにすると結構効果があるそうです。みなさん、ひと時の涼を求めて打ち水をしてみませんか。
ゆるキャラさん大集合
2010年8月7日  浦島太郎