トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
第3回 「サイエンスカフェ」
 5月24日に、当館の多目的スペースで「サイエンスカフェ」がおこなわれました。

 このイベントは「楽しい科学のおはなしのひとときを図書館で」を合言葉に、第一線で活躍されている科学者や技術者、研究者と、参加者のみなさんが、コーヒーなどを飲みながら気楽に語り合うというものです。

 第3回となる今回は「ジェネリック医薬品」について、沢井製薬大阪支店の津田康光(つだ やすてる)さんにお越しいただき、ジェネリック医薬品とはどういうものであるのか、日本の医療の現状、今後の課題などについてお話いただきました。

 このように書くと、非常に「堅苦しく」思えてしまいますが、サイエンスカフェの趣旨は、話は話として聞き、その後に参加者が質問したり意見交換したりすると言うものであり、今回もコーヒーやお茶などを飲みながらお話を聞いたあと、参加者のみなさんから多数の質問があり、非常になごやかで、かつ有意義な時間になったと思っています。

 このページをご覧のみなさんも、「こんなテーマでサイエンスカフェをして欲しい」というご希望はありませんか?すべてのご希望をかなえることはできませんが、「書き込み板」などで、ご意見をいただけるとありがたいです。

 次回のサイエンスカフェの日程やテーマについてはまだ未定ですが、決まり次第お知らせします。次回もより多くのみなさんの参加を期待しています!!!
2008年5月28日  aoi
当館では、こんなこともしています!
 さる「5月3日」は「図書館へ行こう!DAY」でした。

 この日は、通常の図書館業務と並行して、主に「子どもたち」に楽しんでもらえるような「プログラム」を実施しています。今年も「パペット(腹話術)と歌」「ネイチャー・アート工作教室」「図書館探検ツアー・特別編」「新聞記事検索セミナー」「展示:マザーグースとわらべうた」という5つのプログラムを用意しました。どのプログラムも多くの人に参加していただき、概ね好評であったと思います。
 当館では、これまでも本や資料の貸し借りだけでなく、府民講座や生涯学習成果作品発表会など、さまざまな「催しもの」をおこなっています。今年も、みなさんに楽しんでいただけるよう、企画していきますので、どうぞ楽しみにしてください。
 なお、7月4日と11日開催の「府民講座」の受講者を募集しています。詳細は、当館HPの「催し物」のページをご覧ください。みなさまのご参加をお待ちしております。
2008年5月7日  aoi
ようこそ!べんりやん図書館へ!!
高校生のときに、近くの図書館に行きました。借りることのできる6冊のうち、5冊は決まったのですが、最後の1冊がなかなか決まりません。このまま帰ってもいいけど、せっかく来たのだからと思って村上春樹さんの小説「ノルウェイの森」を借りました。そうしたら、読み進むうちに物語にどんどんひきこまれ、時間をわすれて読みふけりました。残念なことに上巻しか借りてこなかったので(最後の1冊だったから)、翌日すぐに下巻を借りるために図書館まで自転車で走りました。その後も、「ノルウェイの森」は何度も読み返し、また同じ村上春樹さんの「ダンス・ダンス・ダンス」はことあるごとに読み返す、大好きな小説となりました。
「ノルウェイの森」の上巻を借りたときのことも、下巻を借りるために自転車で図書館へ向かうときのことも、今でも思い出すことができます。そして、思い出すたびに、世の中には自分の知らない面白いものがごろごろ転がっているんだ、というわくわくした気持ちになります。

図書館を使うことで、人生で何度も何度も開く本とであったり、行き詰まってしまった課題を解決したり。もちろんそれだけじゃなくて、ひとりひとりにそれぞれの図書館の使い方があるのだと思います。

「図書館に行けば何かある!」このサイトを通じてそんな期待をもってくれる人が一人でも多くなったら・・・。そんな期待にこたえて「ほんまに便利やん、図書館!」と言ってもらえるように、みなさんと一緒になって、図書館を成長させていきたいと思っています。

ようこそ!べんりやん図書館へ!!
図書館の全景写真
2008年5月1日  ヒロユキ